2009/03/05(木) 箱の音?か空気の音か?

高忠実再生のスピーカーを聴き比べました。
どれにも共通することは、箱の音がしないということです。
オーディオ的な音のするタイプのスピーカーの多くは、箱の響きを楽しんだり、ホーンの響きを楽しんだりするように作られています。箱の響きを極力排したというスピーカーでも、完全に出来ているわけではありません。そのことは、ヘッドホンを使って聴いてみるとよくわかります。
20年ほど前から使っていたのが、桜単板のエンクロージャーです。これには単に補強して箱の”鳴き”を押さえるのではなく、根本から解決する構造を採用しました。
アルミ・エンクロージャーのスピーカーもヘッドホンに似た無色、透明の性格を持っています。
コンデンサーユニットと組み合わせたウーハーにはアルミ・エンクロージャーを使っています。5.jpg